どうも、たくチャレ(@takuchalle)です。

Google Adsenseを眺めてたらこんな警告が出てました。

要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

これは何

ads.txt で認定販売者を宣言するを読むと、広告枠内が乗っ取られて他の広告になってしまったことが分かるようになるみたいです。要は収益がとられてしまうのを避けるためのようです。

ads.txtに必要な情報を書いて、適切な場所に置く必要があるようです。

これをやらなかったからAdSenseが停止されたりはしないと思いますが、自分のサイトを守るために行っておいた方がいいでしょう。

対処方法

一般的な話

ads.txtはドメインのルートレベルに置く必要があります。

ドメインのルートレベルとは、サブドメインがついていないドメインのことです。つまり、このブログ(blog.takuchalle.dev)でいうと、takuchalle.devにあたります。

ads.txtをドメインのルートレベルに置くということは、https://takuchalle.dev/ads.txtにアクセスした時に中身が見られるようになっていればよいのです。

試しにhttps://takuchalle.dev/ads.txtにアクセスしてください。中身が見られるはずです。中身は見られても問題ない内容です。

鋭い人は気づいたかもしれませんが、先ほどのアドレスにアクセスするとhttps://blog.takuchalle.dev/ads.txtにリダイレクトされています。 リダイレクトしても問題ありません。AdSense のヘルプにも一般的な手法として紹介されています。

ads.txt の書き方

ads.txtへは以下のように記述してください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pub-0000000000000000の部分は自分の ID を指定してください。こちらを参考に調べてください。

Hugo の場合

Hugoの場合、staticディレクトリの下にあるファイルすべてがそのままpublicフォルダにコピーされます。

なので、staticディレクトリの下にads.txtを作成しておいてあげればよいです。

登録してしばらくすると警告が消えるはずです。

同じカテゴリの記事